結婚相談所の縁*ムスちゃんねる

結婚相手は自分で選ぶことが大切

恋愛対象となるタイプや、実際、結婚までこぎつけた相手のタイプについて、自分の親と同じタイプの場合と、その反対のタイプの場合とがあります。
どちらがいいのかは個々にもよりますが、女の子の場合、父親は身近な存在ですから、やはり、なんらかの影響はあると思います。

 

また、自分の好きなタイプとの結婚を子どもに期待する親もいますが、正直いって迷惑ですよね。
私の母は、好みの男性と結婚できなかったので、その夢を娘の私に託したかったのですが、そう簡単にはいきません。(笑)
私は、あくまでも私ですから!

 

「好みのタイプ」というのは、「第一印象」での判断がけっこう多いですよね。
また、「お見合い」や「婚活」の第一段階にもなりますが、いわゆる「外見」だけでは相手のことはわからないものです。

 

といっても、「お見合い」の場合、交際期間を積むまでに「結納」「結婚」と、トントン拍子に話が進むので、相手のことをよく知らないまま結婚することも少なくありません。
また、昔は相手の顔も知らずに嫁いでいくケースが多かったので、そのような時代と比べるといいかもしれません。

 

でも、相手のことを知らないまま結婚するのはやはり不安です。
やはり、結婚相手は、親の意見に左右されないで、自分でしっかり選ぶことが大切だと思います。


このページの先頭へ戻る